【コベントリー(英国)共同】ロンドン五輪は開幕2日前の25日、サッカー女子で競技をスタートした。日本選手団の先陣を切り、金メダルの期待を背負うなでしこジャパンがロンドン北方のコベントリーで、1次リーグF組初戦のカナダと対戦、前半は川澄と宮間が得点して2―0で終えた。  日本は昨年の女子ワールドカップ(W杯)を制して世界の頂点に立った。大黒柱の沢らは、取り巻く環境が五輪の成績に左右されてきた現実を知るだけに、4年に1度の祭典にかける思いは強い。前回北京五輪は4位。佐々木監督とともに、メダルを逃した悔しさをぶつける。