【ロンドン共同】ロンドン五輪に初出場するサッカー女子英国代表のパウエル監督が16日、記者会見し、準々決勝以降に対戦する可能性がある日本について「非常に技術があるチームでレベルが高い」と警戒した。強敵として3連覇を狙う米国と、昨年のワールドカップ(W杯)を制した日本を挙げた。  W杯では、英国代表の中核を担うイングランド代表が1次リーグで日本を2―0で破った。W杯でも指揮を執った同監督は「W杯で日本に勝ったことは誇りだが、日本の強さを忘れてはならない」と話した。  1次リーグで英国はE組、日本はF組に入っている。