【パッキントン(英国)共同】ロンドン五輪に出場するサッカー男子の日本代表は16日、英国のバーミンガムに到着し、その後、事前合宿を行う同国中部のパッキントンに移動して初練習を実施した。  日本に比べて肌寒い気候。英国入りした関塚監督は「いよいよ英国に入って、実感も高まってきている」と話した。  日本での合宿は不参加だったMF宇佐美(ホッフェンハイム)とDF酒井高(シュツットガルト)が合流し、代表18人とバックアップ4人を合わせた22人が顔をそろえた。宇佐美は「チームに貢献したい。(五輪で)勝っていく中で点も取りたい」と目標を口にした。