ロンドン五輪に出場するサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」が9日、千葉県内で五輪に向けた合宿をスタートした。11日の壮行試合、オーストラリア戦(東京・国立競技場)を挟んで14日まで調整する。  既に合同練習を行った安藤(デュイスブルク)ら海外組に加え、主将の宮間(岡山湯郷)や沢(INAC神戸)ら国内組もこの日に合流。佐々木監督が見守る中、代表18選手とバックアップメンバー4人が汗を流した。  日本は16日に日本を出発。19日のフランスとの親善試合(パリ)を経て、25日のカナダとの五輪1次リーグ初戦に臨む。