ロンドン五輪に出場するサッカー日本代表の男女各18人が2日、東京都内で発表され、初優勝を狙う女子の「なでしこジャパン」では、4度目の五輪出場となる沢穂希(33)や主将の宮間あや(27)、永里優季(24)が選出された。  川澄奈穂美(26)、大野忍(28)や鮫島彩(25)、熊谷紗希(21)ら、昨年の女子ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーが順当に名を連ねた。岩清水梓(25)、右膝靱帯負傷から復帰した丸山桂里奈(29も選ばれたが、宇津木瑠美(23)は外れた。  男子は永井謙佑(23)の国内組のほか、清武弘嗣(22)ら海外組が6人選ばれた。