J1のC大阪からドイツ1部リーグ、ニュルンベルクに移籍するMF清武弘嗣(22)と、柏から同リーグのハノーバーに加わるDF酒井宏樹(22)が1日、関西空港から同便でドイツへ出発した。  前日夜に試合を終えたばかりの2人は疲れた表情を見せず、新たな環境が待ち遠しい様子。駆け付けたC大阪の仲間やサポーターに胴上げされた清武は「メンタルを一番成長させたい。どんな状況でもぶれずに戦えるように」と決意を語った。  酒井は開幕戦でDF内田篤人のいるシャルケと当たる。  2人は2日に発表されるロンドン五輪の代表メンバー入りも確実視される。