フェンシングは男子フルーレ団体を行い、日本が決勝に進出し、団体で初のメダルとなる銀メダル以上を確定させた。日本は準々決勝で中国に45―30で勝ち、準決勝でドイツを41―40で破った。決勝はフェンシングで初の金メダルを懸け、イタリアと対戦。  4日は女子エペ団体を行い、中国が決勝で韓国を39―25で下し、この種目で初の金メダルを獲得した。(共同)