日本フェンシング協会は13日、ロンドン五輪の女子フルーレ代表として35歳の菅原智恵子(宮城ク)ら4人を発表した。宮城県気仙沼市出身で北京五輪7位の菅原は「ベテランらしい戦いでメダルを狙っていく。地元で応援してくれる人に少しでも元気を与えたい」と感極まって涙ぐみながら強い意気込みを語った。  29歳の池端花奈恵(京都・乙訓高教)と23歳の西岡詩穂(ネクサス)を加えた3人が個人と団体に出場し、29歳の平田京美(岐阜トヨタ自動車)は団体要員で代表入りした。菅原は3大会連続、池端、西岡、平田はいずれも初代表。  池端は「メダルを目指したい」と決意を示した。