ロンドン五輪で地元英国の勢いが止まらない。第12日の7日に金メダル4個を獲得し、合計22個は中国、米国に次ぐ国別3位だ。メダル総数は48個で前回北京五輪の47個を上回り、大会を5日残して早くも目標をクリアした。  自転車、ボートの伝統的な得意種目で力を発揮しているほか、陸上でも金3個を獲得。トライアスロン男子ではアリステア・ブラウンリーが英国選手で初優勝した。馬場馬術団体では旧西ドイツ時代から7連覇していたドイツの牙城を崩し、初の金メダルを奪取した。(ロンドン共同)