ロンドン五輪の総合馬術団体代表に決まった春日部市の根岸淳選手(35)=写真(右)=が一日、同市役所に石川良三市長を表敬訪問。「若くて勢いのあるチーム。実力を発揮し、六位以上の結果を出したい」と抱負を語った。  根岸選手は「東武乗馬クラブ&クレイン」に所属する乗馬インストラクター。二〇一〇年の広州アジア大会では、総合馬術団体で金メダルを獲得した。五輪への出場は初めて。石川市長は「晴れの舞台で頑張ってください」と激励した。  十二歳の愛馬とパートナーを組む。根岸選手は「おとなしいが、能力は高い。馬とコミュニケーションを取り、本番でピークを迎えたい」と話した。来週から英国でトレーニングし、本番に臨むという。 (大沢令)