【アーヘン(ドイツ)共同】馬術のアーヘン国際大会は6日、ドイツのアーヘンで馬場馬術を行い、ロンドン五輪に日本選手史上最年長の71歳で出場する法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)は10人が出場した規定で9位だった。  愛馬のウィスパーと出場した法華津はミスが相次ぎ、得点が伸びなかった。