自転車競技の一つ、マウンテンバイク女子のロンドン五輪日本代表に選ばれた座間市入谷に住む片山梨絵さん(32)が13日、市役所を表敬訪問した。五輪出場は4年前の北京に続き2回目。「20位だった北京より上位に入りたい。ベストの走りを見せたい」と意気込む。  片山さんは全日本選手権9連覇中で、2010年アジア大会で銅メダルを獲得している。今五輪では当初は日本に出場枠がなく補欠だったが、今月に入り、繰り上げ出場が決まった。  大阪府吹田市出身で、相模原から座間に越して、1年半ほどになる。競技ではマウンテンバイクで山道を走り、タイムを競う。市内に坂道が多いのも、座間を選んだ理由の一つという。「自宅から3〜5時間ほどかけて、大磯や宮ケ瀬などを走っている。都内のトレーニング施設にも通いやすい」と話す。  市役所では、市のマスコットキャラクターの「ざまりん」も歓迎した。片山さんは「試合は日本時間の8月11日午後8時半に始まる。ぜひ、地元・座間市の皆さんに応援していただければ」とあいさつ。遠藤三紀夫市長は「13万市民を挙げて応援したい」とエールを送った。