▽村田諒太の話 僕に才能があって金メダルが取れたと思うし、周りにも支えられた。神様も味方してくれた。金メダルは狙っていた。夢じゃなく、目標だった。ただ、これが僕の価値じゃない。これからの人生が僕の価値になるので、恥ずかしくないように生きていく。 ▽本博国・日本監督の話 金メダルの瞬間は、やったなというのと、これまでのいろいろな思いが出てきた。プロとスパーリングをさせてもらうなど、いろいろな人がサポートしてくれた。感謝したい。 ▽山根昌守チームリーダーの話 素晴らしい仕事をしてくれた。一つの金字塔を打ち立ててくれた。金メダルは心技体だけでは取れない。運も勝利を運んでくれた。(共同)