【ロンドン共同】国際アマチュアボクシング連盟(AIBA)は2日、ロンドン五輪、男子バンタム級の清水聡の試合で、判定に問題があったトルクメニスタン人のレフェリーを大会から追放したと発表した。  1日に行われた2回戦でレフェリーは、清水が3回に奪ったダウンをカウントしなかった。17―22で清水の判定負けとなったが、試合後に提訴が認められRSC勝ちとなった。  AIBAの呉経国会長は「このような決断を下さなければいけなかったのは残念だが、われわれにとって重要なのは競技の公平性を守ることだ」との声明を発表した。