【ロンドン共同】中国選手団の肖天副団長が25日、記者会見し、前回北京五輪並みの金メダル数獲得は「難しい」と述べた。中国は北京五輪で金メダル51個を獲得して初めて世界一になったが、今回は米国に及ばないとの見方が強まっている。  同副団長は開催国の強みを生かせないことを強調し、具体的なメダル獲得目標についても「予測は外れる」と述べて明かさなかった。  中国の選手総数は396人で、北京五輪の金メダリストが29人いる。旗手は米プロバスケットボールのNBAで活躍する易建聯が務める。