バドミントンで日本勢初の五輪メダルとなる銀メダルを獲得した女子ダブルスの藤井瑞希選手(24)と垣岩令佳選手(23)=ともにルネサス=が7日、ロンドンから成田空港に笑顔で帰国した。藤井選手は「メダルを初めて日本に持って帰れてうれしさでいっぱい」と話し、2人は「早く(地元の)熊本に帰りたい」と口をそろえた。  藤井選手は「友達が『テレビですごいよ』と連絡をくれたり、ツイッター(短文投稿サイト)のフォロワー(読者)が一気に増えた」と、メダルの影響を実感したという。  男子シングルスで5位の佐々木翔選手(30)=トナミ運輸=は「自分が空っぽ」と疲れた表情だった。