ロンドン五輪第9日の4日、バドミントン女子ダブルス決勝は「フジカキ」の藤井瑞希、垣岩令佳組(ルネサス)が世界ランキング2位の田卿、趙蕾組(中国)にストレート負けしたが、同競技で日本勢初となる銀メダルを獲得した。  サッカー男子(原則23歳以下)準々決勝では、日本は永井謙佑(名古屋)の先制ゴールなどでエジプトに3-0と快勝し、釜本邦茂らを擁して銅メダルを獲得した1968年メキシコ五輪以来、44年ぶりのベスト4に進出した。7日の準決勝ではメキシコと対戦する。