ロンドン五輪バドミントン女子ダブルスの前田美順(霧島市出身)・末綱聡子組は31日(日本時間1日)、1次リーグD組最終戦を香港のペアと対戦し2−0(21−15、21−19)でストレート勝ちした。通算成績を2勝1敗としデンマーク、中国のペアと並んだが、得失ゲーム差で3位となり、決勝トーナメント進出はならなかった。