ロンドン五輪で過去最多38個のメダルを獲得した日本選手団本隊の約250人が14日、帰国して東京都内のホテルで解団式に臨んだ。体操男子個人総合の内村航平、柔道女子57キロ級の松本薫、レスリング男子フリースタイル66キロ級の米満達弘、ボクシング男子ミドル級の村田諒太ら金メダリスト7人が勢ぞろいした。  日本選手団の村上幸史主将が付き添い、開閉会式で旗手を務めた吉田沙保里が団旗を上村春樹団長に渡し、団長から日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に返還された。  竹田会長は「選手は全身全霊戦い抜き、日本のみならず世界中に感動や活力を届けてくれた」とあいさつ。