キプロティクとキルイが27キロ手前でキプサングに追い付く。中本、藤原の集団は30キロ手前で7、8位の選手をとらえ、先頭と約2分差で30キロを通過した。山本は大きく遅れた。