【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)の選手委員選挙で一部の立候補者の選挙活動に問題が指摘され、陸上男子ハンマー投げの室伏広治選手(37)が含まれていることが11日、関係者の話で分かった。  アテネ五輪の金メダルに続いて今回銅メダルを獲得した室伏選手は選手村の食堂でステッカーを配ったことなどを問題視され、10日にIOCに事情を説明したという。IOCは11日に理事会を開き取り扱いを検討する。  ロンドン五輪の選手村で実施された投票は8日で締め切られ、当初は9日に結果が発表される予定だった。