陸上男子200メートル予選は高平慎士が20秒57の6組3着、高瀬慧が20秒72の7組2着でともに準決勝へ進んだ。飯塚翔太は敗退した。  女子5000メートル予選は福士加代子が15分9秒31で1組8着、2組の新谷仁美は15分10秒20の10着、吉川美香が15分16秒77の13着で落選した。  女子やり投げ予選は海老原有希が59メートル25で、決勝に進めなかった。  男子110メートル障害予選はアテネ五輪金メダルの劉翔(中国)が転倒し、途中棄権した。(共同)