日本オリンピック委員会(JOC)は18日、東日本大震災で被災した本県、宮城、福島、茨城4県の中学生20人をロンドン五輪に招待すると発表した。被災地復興支援の一環で、2000年シドニー五輪競泳メダリストの中村真衣さんが視察団の団長を務める。  本県からは八重樫怜君(岩手3年)、橋本光君(綾里3年)、千葉恵さん、千葉佳歩さん、山口玲奈さん(綾里2年)、佐々木皓雄君(赤崎1年)、後藤なるみさん(大槌2年)、三浦七海さん(久慈2年)の8人が参加する。  視察団は8月1日に出発し、8日間の日程でロンドンを訪問。現地では陸上男子100メートルやハンマー投げの決勝、卓球女子などを観戦するほか、選手村を訪れたり地元の子どもたちと交流したりする。 (2012.7.19)