早大に在学するロンドン五輪代表選手の壮行会が18日、東京都新宿区のキャンパスで行われ、陸上男子やり投げのディーン元気は「全力で投げて予選をまず通過し、決勝ではさらに思い切り投げたい」と決意表明した。  強い日差しの下、応援団から激励を受けたディーンは「力をもらえる壮行会になった。いよいよ近づいてきたなと感じる」と五輪への思いを新たにした様子だった。  陸上男子400メートルリレーの九鬼巧が「チャンスがあれば全力で走りたい」と言えば、カヌー女子の大村朱澄も「メダルを目指したい」と意気込み、学生とともに応援歌を合唱して健闘を誓った。