陸上男子やり投げでロンドン五輪代表のディーン元気(早大)が9日、母校の兵庫県尼崎市立尼崎高で行われた壮行会に出席し、生徒、教員ら約千人の前で「言葉にできないくらいうれしい。みなさんのパワーをもらって、ロンドンで成績を残してきたい」と決意を語った。  質問コーナーでは英語で質問を受ける場面もあり、ディーンも得意の英語で答えて会場を盛り上げた。恩師である陸上部顧問の大久保良正教諭から「五輪なんて夢のような所だと思ったが、本当にかなえてくれた。夢をありがとう」と涙ぐみながらの激励を受けたディーン。「最終調整に向けていいモチベーションになった」と笑みを浮かべた。