ロンドン五輪の日本選手団主将を務める陸上男子やり投げの村上幸史(32)=スズキ浜松AC=は開幕まで1カ月となった27日、母校の愛媛・今治明徳高で練習を公開し「五輪本番で投げるのが今から楽しみ。じっくり調整したい」とリラックスした表情で語った。  初の大役を担う主将についても気負った様子はない。2年前の広州アジア大会で経験し、重圧を力に変えて金メダルに輝いた。「主将だから頑張りますとかでなく、まずは自分の競技で力を出し切ることが主将の責任や役割を果たすことにつながる」と意気込んだ。