ロンドン五輪陸上男子50キロ競歩に出場する谷井孝行(佐川急便)が2日、母校の高岡向陵高校(高岡市石瀬)で開かれた激励壮行会に出席し、後輩、教職員ら約540人を前に「精いっぱい力強く歩き、多くの人に夢と感動を与えたい」と活躍を誓った。 拍手に迎えられ、体育館に入場。米田淳一校長のあいさつに続き、生徒会長の中田和希君(3年)が「谷井さんは向陵高校の誇りです。ベストを尽くしてください」と激励した。生徒会副会長の山本美月さん(3年)が花束をプレゼントし、生徒会応援団がエールを送った。 谷井は「この学校で競歩を始め、五輪という夢を追い続けてきた。8位以内を目標に一つでも高い位置を目指して頑張る」と決意を述べた。 谷井は同校駅伝部時代に競歩を始め、3年生時の2000年とやま国体少年男子共通5千メートル競歩で優勝。五輪出場は04年のアテネ、08年の北京に続き3大会連続となる。