日本オリンピック委員会(JOC)は16日、ロンドン五輪のメダリストが20日に東京・銀座で凱旋(がいせん)パレードを行うと発表した。主催のJOCによると、メダルを獲得した選手全員が参加予定で、初めての試みとなる。今回は日本の五輪史上最多となる38個のメダルを獲得した。 JOCの竹田恒和会長は「全国から応援いただいた方々への感謝の気持ちを込めてやりたいと思う。2020年東京五輪招致の機運を高めることにもつながればいい」と述べた。 オープンカー2台とオープンバス5台の編成で、午前11時から20分間、銀座中央通りの銀座通り口交差点から銀座8丁目交差点まで約1キロをパレードする計画。レスリング女子でそれぞれ3連覇した63キロ級の伊調馨選手=長者中出、ALSOK=、55キロ級の吉田沙保里選手=ALSOK=や、48キロ級で初優勝した小原日登美選手=工大一高出、自衛隊=のほか、体操男子個人総合の内村航平選手=コナミ=ら金メダリスト7人がそろう。 JOCの市原則之専務理事は「東日本大震災から初の五輪で、今回は特別な意味を持つ五輪だった。沿道に10万人規模が集まるのではないか」と予想した。※詳しくは本紙紙面をご覧ください。有料携帯サイトにも掲載しています。