新体操決勝で5チーム目のロシアが57.000点でトップに立ち、日本は暫定4位でメダルの可能性はなくなった。