新体操団体決勝で、2000年シドニー五輪以来の決勝進出を果たした日本はボールで7番目、リボン・フープで3番目に演技する。