男子種目別決勝の平行棒は、2010年世界選手権覇者の馮テツ(ひょう・てつ) (中国)が15・966点をマークし、団体総合との2冠を達成した。