体操男子種目別決勝の床運動で、 内村航平 (うちむら・こうへい) (コナミ)は 鄒凱 (すう・がい) (中国)の15・933点を下回り、金メダルはなくなった。