体操の男子個人総合決勝は世界選手権で3連覇していた予選9位の内村航平が全6種目でただ一人、15点以上の高得点を並べて合計92・690点をマークし、1984年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司以来となる28年ぶりの金メダルを獲得した。五輪と世界選手権の個人総合2冠は日本初の快挙となった。  内村は3種目目の跳馬で全選手最高点の16・266点をマーク。前半3種目でトップに立ち、銀メダルのマルセル・グエン(ドイツ)に1・659点差をつけた。  負傷した山室光史にかわって出場した田中和仁は最終種目のあん馬で落下し、合計89・407点で6位だった。(共同)