体操男子団体総合決勝は1種目目を終了し、つり輪を演技した日本は3位スタートとなった。