体操は女子予選を行い、最終5班に登場した日本は団体総合で合計170・196点の6位となり、2大会連続の決勝進出を果たした。16歳の寺本明日香が4種目すべて14点台と安定した演技を披露し、予選通過に貢献した。  昨年の世界選手権優勝の米国が合計181・863点で首位。  個人総合は寺本が合計57・865点で8位と健闘し、田中理恵は54・333点で27位となり、各国・地域最大2人までの上位24人による決勝に進出した。  種目別は段違い平行棒で鶴見虹子が15・033点をマークし、8人で争われる決勝に進出した。予選の得点は決勝に持ち越さない。(共同)