【ロンドン共同】体操男子で2004年アテネ五輪団体総合以来の金メダルを目指す日本代表が27日、翌日に迫った予選に向け、ロンドン市内の練習会場で最終調整した。非公開の練習後、エースの内村航平は「(本番が)待ち遠しかった。代表に入るようになって、一番いい調子で大会に挑める。明日が楽しみ」と余裕を漂わせながら笑顔で話した。  29日に予選を控える女子は練習を公開し、田中理恵は軽めの内容だった。試合会場で行われた前日の公式練習で左アキレスけんを痛めた鶴見虹子も調整した。