ロンドン五輪の体操男子で個人総合、団体総合の金メダルを目指す内村航平(コナミ)と日本代表の4選手が12日、成田空港から事前合宿地のフランスに向け出発した。搭乗口では航空会社による出発セレモニーが開かれ、内村は「準備は万端なので、しっかり一致団結してみんなで頑張ってきたい」と引き締まった表情であいさつした。  昨年の世界選手権個人総合3位の山室光史(コナミ)らも笑顔で旅立った。  代表はフランス北部のアルクで合宿し、18日にロンドン入りする予定。