体操女子のロンドン五輪代表が21日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を公開し、11日に25歳になった主将の田中理恵(日体大研究員)は「団体総合の予選で8位以内に入り、決勝でいい演技をすることが目標。個人総合も(上位を)狙いたい。最高の25歳にしたい」と初出場の舞台に意気込んだ。  この日は約2時間、軽めに練習した。2008年北京五輪の団体総合で5位入賞に貢献した鶴見虹子(日体大)は「北京の時よりも全体的に技を増やしているので、団体も種目別もいいところを狙いたい」と意欲的だった。