ロンドン五輪アーチェリー女子団体で銅メダルを獲得した蟹江美貴選手(ミキハウス)は8日、スポーツに特別な功績を残したとして、中学、高校時代を過ごした愛知県岡崎市から表彰された。蟹江選手は市役所で「首に掛けたメダルは重かったが、それはみなさんの応援の重みだと思う」と笑顔で話した。  柴田紘一市長は「ちゃんと責任を果たしてくれた。市民もこの上ない喜びを感じている。これからも大いに活躍してほしい」と激励。集まった市民や市職員ら約250人から拍手が上がった。  蟹江選手は「アーチェリーを多くの人に知ってもらえるようこれからも頑張っていきたい」と語った。