アーチェリーは女子個人を行い、団体で銅メダルを獲得した早川漣(長崎・佐世保商高職)は3回戦で奇甫倍(韓国)に0―6で敗れ、蟹江美貴(ミキハウス)も3回戦でロマン(メキシコ)に3―7で逆転負けし、ともに準々決勝進出を逃した。女子の日本勢は全員敗退した。(共同)