アーチェリーは女子団体を行い、早川漣、蟹江美貴、川中香緒里の日本は3位決定戦でロシアに勝って銅メダルを獲得した。男女を通じ、団体では初のメダル。  日本は1回戦でウクライナに快勝。準々決勝でメキシコを219―209で下し、男女を通じて初の4強入りを果たした。準決勝では韓国に206―221で敗れた。  28日の男子団体はイタリアが初制覇。日本は準々決勝で米国に敗れ、6位だった。(共同)