アーチェリーの個人、団体のトーナメントの組み合わせを決めるランキングラウンド(72射、720点満点)を行い、男子の日本勢は古川高晴が679点で5位、石津優は671点で15位、菊地栄樹は659点で44位だった。  女子は蟹江美貴が665点で日本勢トップの6位。早川漣は654点で16位、川中香緒里は646点で28位だった。  団体の日本は3人の合計得点で男子が2009点、女子は1965点でともに日本記録を更新して12チーム中5位だった。男子は28日の1回戦で12位のインドと対戦する。(共同)