【ナイロビ共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)からの報道によると、ロンドン五輪に参加したコンゴの代表選手とコーチ計4人の行方が分からなくなったことが14日までに分かった。  4人は柔道の男子100キロ超級の選手と、柔道、ボクシング、陸上のコーチ3人。12日の閉会式前後に姿を消したという。  カメルーン代表の7選手も行方不明となっており、経済的な理由から欧州にとどまるつもりとみられている。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)