「薪里山かかしコンテスト」が、京田辺市薪の京奈和自動車道の高架下一帯で開かれている。開催中のロンドン五輪にちなみ、サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」や女子柔道選手をテーマにした個性豊かなかかしが並び、真夏の田園風景をにぎわせている。 地域の環境美化に取り組む「ひまわりの会」(村上一子代表)が開いている。メンバーのほか、薪幼稚園、やすらぎ幼稚園、薪小や打田子供会の子どもたちが作った30体が、甘南備山へ続く散策道沿いに並んでいる。 「なでしこジャパン」の沢穂希選手に見立てたかかしは、サッカーボールを手にした躍動感たっぷりの姿を表現。柔道着に身を包み、首に金メダルを下げた女子選手をイメージした作品も立つ。このほか、アンパンマンやトトロなど、子どもたちが手がけた人気アニメキャラクターもあり、愛らしさを添えている。 大阪府枚方市から訪れた無職廣田克洋さん(68)は「たくさんのかかしが並んでいる風景はとてもユニーク。田んぼとのコントラストも面白い」と話していた。コンテストは11日まで。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)