▽西山将士の話 悔しい思いでいっぱい。(準々決勝の大外刈りは)一本だと思ったけど、終わってしまったことはしょうがない。五輪は思ったより緊張して、まだまだだなと思った。  ▽篠原信一・男子監督の話 非常に西山らしい試合でよく頑張った。いつも通りやっていた。(準々決勝の技あり判定は)明らかに一本だと思った。西山がかわいそう。残り2日で金メダルなしだが、悔しい思いをしている。危機感は持っているが、選手には試合に集中させないといけない。  ▽田知本遥の話 特に緊張もしないで、わくわくして集中できていた。動けていたけど(準々決勝で)左肘を痛めて気持ちが乱れた。それでも勝つ戦術もあったけど、がむしゃらにいってしまった。  ▽園田隆二・女子監督の話 (準々決勝で左肘を痛めたのは)不用意な反応をした。数十秒我慢すれば勝てたのに対応力のなさ。代償は大きいけど勉強になれば。はい上がれば、リオデジャネイロ五輪で金も見えてくる。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)