【ロンドン共同】柔道の男女代表14人が25日、ロンドン市内のマルチサポートハウスにある道場で練習した。女子でトップを切って28日に登場する48キロ級の福見友子は、一つ一つの技を確認する動きで汗を流し「いい感じできている。自分自身のやるべきことは変わらない」と金メダルへ自信をのぞかせた。  52キロ級で前回銅メダルの中村美里は「やり残したことはない。(4年前の)経験が大きい」と笑みを浮かべて話した。  男子では100キロ超級の上川大樹が「自分の柔道が変わってきた。新しい自分が出てきた感じだ。目標は優勝」と自信満々に話した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)