【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)は12日、サウジアラビア・オリンピック委員会がロンドン五輪に柔道と陸上の女子選手各1人を派遣すると発表した。同国の女子選手が五輪に出場するのは初めて。IOCによると、カタールとブルネイも女子選手を派遣するため、今回の五輪に参加する全ての国・地域の女子選手が出場する。  これまでサウジアラビアとカタール、ブルネイの3カ国は、宗教上の理由などで女子のスポーツ参加が遅れ、五輪には男子選手しか派遣してこなかった。IOCのロゲ会長は「五輪における男女平等に努めてきたが、大きな進展だ」とコメントした。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)