ロンドン五輪の柔道女子代表7人が19日、熊本県八代市での強化合宿を公開し、48キロ級の福見友子(了徳寺学園職)は練習後に「ロンドンでは金メダルしか考えていない。合宿で充実した練習を積み、けがのないように準備する」と必勝宣言した。  52キロ級で北京五輪銅メダルの中村美里(三井住友海上)は「ロンドンに向けやってやろうという気持ち」と、激しい乱取りに汗を流した。  57キロ級で世界ランキング1位の松本薫(フォーリーフジャパン)は初出場ながら「目標にしていたのは代表ではなく金メダル。自信はある」と宣言した。合宿は23日まで。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)