ホッケーは女子の9、10位決定戦を行い、日本は延長戦の末に2―1で南アフリカに競り勝ち、9位で大会を終えた。  日本は前半27分に先制を許したものの、後半28分に村上藍(ソニー)のゴールで追い付いた。どちらかが得点した時点で勝敗が決まるゴールデンゴール方式の延長後半には、ペナルティーストロークから再び村上が決勝点を奪った。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)