ロンドン五輪にホッケー女子日本代表「さくらジャパン」として出場する栗原市出身の三橋亜記さん(22)=コカ・コーラウエスト、築館高-山梨学院大出=が6日、出発を前に母校などを訪問した。後輩らから熱い激励を受けた三橋さんは「大舞台で活躍して恩返ししたい」と全力プレーを約束した。 3年時に全国制覇を成し遂げた市築館中(生徒335人)では2、3年生が迎えた。生徒会長の白鳥岳君(15)が「プレッシャーに押しつぶされそうになったとき、私たちの応援の声を思い出して」とエールを送ると、三橋さんは「五輪選手になる夢がかなった。後輩の皆さんから元気をもらいました」と感謝した。 築館高(生徒524人)の壮行式では佐藤亮太君(17)が「三橋さんは在校生の誇り。正々堂々とプレーして」と激励した。 三橋さんはこの日、県庁に村井嘉浩知事を、栗原市役所に佐藤勇市長をそれぞれ表敬訪問。7日には県と市のホッケー協会が共催し、栗原市で開く壮行式に出席する。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)